着物レンタルで自分で用意するアイテムとは

着物は日本の伝統的な服装として、古くから私たち日本人に親しまれてきました。現代においても、かしこまった席や、お祝いの席でさらりと着物を着こなす姿は、とても素敵に映ります。しかし、着物は着るのにたくさんの道具が必要で、また着物のみでなく帯や襦袢、帯留めや帯揚げなど、様々なものを用意しなくてはなりません。そこで、そうした手間をかけずに簡単に着物を楽しむことができるのが、着物レンタルのサービスです。着物レンタルのサービスならば、そうした細かいものを一つ一つ集めなくても、身一つで着物を着こなすことができます。着物レンタルのサービスでは、着物や帯、帯揚げや帯留めといった、外側に見えるものはそろっており、また襦袢や帯枕などの、見えない部分の着付けに必要な道具もそろっています。そこで、特別自分で用意するアイテムは、自分が着物を着る際にこだわっておきたい部分です。例えば、着物を着た際に、譲り受けた帯留めを使って着たい場合や、帯だけは形見にもらったものを使って着物を着たい場合などは、自分の使いたいアイテムを持って行くことで、そのアイテムに合わせた他の必要なものを揃えて、全身のコーディネイトをすることができます。また、着物を着る際に忘れがちなヘアスタイルについても、自分でヘアアクセサリーを持ってくることで、自分のイメージにあった着物姿を楽しむことができます。着物姿では、ヘアスタイルがポイントになるので、こだわることで素敵に着こなすことができます。

着物レンタルの返却にはクリーニングが必要?

“結婚式に招待された時には、どのような服装で行けば良いか迷いますね。
招待された側ですが、みんなドレスアップしてきますし、出来ればパッと華やかに見せたいものです。
特に独身の女性だと、結婚式も出会いのチャンスですし、人目を引くような装いをしたいものです。
けれど、あまり着飾ると、返って悪く目立ってしまいますし、新婦がメインなのに失礼になってしまいます。
そのため、TPOに合わせた着こなしが大事です。
そんな時には、着物を着ていくというのはいかがでしょうか。
けれど、着物は着つけが難しいことや、着物を持っていないという人も多いようですが、とても便利な着物レンタルという方法があります。
着物レンタルならば、着つけもしてくれるところが多く、一緒に髪もセットしてくれますので、綺麗に装うことが可能です。
高額な着物を購入しなくても、当日だけでレンタル出来ますので、面倒な手入れなども必要ありませんし、小物類も一緒についていますので、わざわざ別に購入しなくても大丈夫です。
着物レンタルのほとんどは、返却時にクリーニングしなくて良いところばかりですので、そのまま返すことが出来て、大変便利です。
費用も二万からありますので、お手ごろですし、レンタルも電話一本で予約が取れますので、忙しい人にもぴったりです。
結婚式の他にも、成人式や子どもの七五三などの着物レンタルもありますので、興味があればインターネットなどで検索してみてはいかがでしょうか。

レンタルした着物の家紋について

着物姿は、日本人の女性を美しく見せる素敵な装いですが、一言に着物といっても、着物には様々な種類があります。普段着とされる小紋や、正式な場所にふさわしい色無地や、訪問着、最も格式が高いものでは留袖など、それぞれ相応しい場面や用途により、着物には幾つかの種類があるのです。そこで、正式な場所にふさわしい着物には家紋が入っていることがあります。紋とは、家ごとに伝わっているもので、着物の前身頃の肩の部分、後ろ身頃の袖の部分、後ろ身頃の中心の部分のそれぞれにつけられています。家紋はそれぞれ家ごとに伝わっているものなので、自分で持っている着物ではなく、着物レンタルで、着物を楽しもうとした時には、紋の入った着物を着ることはできないのではないかと考える方がいますが、そんなことはありません。紋とは、家ごとに全くばらばらに決まっているものではなく、いくつかの代表的な紋があり、それを自分の家の紋として代々使ってきた家が多いのです。ですから、着物レンタルの際に選ぶことのできるものの中から、自分の家の紋を選べばいいのです。なので、着物レンタルの際には、どのような家紋が自分の家のものなのかをしっかりと調べてから、レンタルする着物を選ぶ必要があります。また、紋の入っている箇所や、数によっても、着ていく場面の向き不向きがあるので、数多く用意されている着物レンタルの中から、自分の要望にぴったりの着物を選び出すことが大切です。